中田 浩司。 中田浩司・山健組組長が神戸拘置所から離脱を表明

六代目山口組を銃撃した山健組・中田組長が完全黙秘の中で起訴……当局は有罪の自信あり?

浩司 中田

同じく今年8月、山口県岩国市で六代目山口組系竹中組系組員・上田高裕が神戸山口組系木村會の前原順一幹部の左腕と右太ももを銃撃、動脈を損傷する重傷を負わせた。

4

中田浩司

浩司 中田

そして、それと軌を一にし、神戸側の中核組織・山健組が「4代目井上組長派」vs「5代目中田組長派」とに割れた。 今まで騙されていた」と、息巻いているらしい。

13

全国で銃撃事件が発生する「山口組分裂抗争」の行方

浩司 中田

5代目山口組の宅見勝若頭をハジいた中野会が大阪府警に解散届を出すまで8年。

3

◆健竜会 山健組

浩司 中田

コロナ禍でシノギもままならないなか、会費以外にも盆暮れやイベントごとに支出を求められ、傘下組織にはかなりの負担になっていた。 井上組長にすれば、終結に同意したはいいが、殺されましたという愚は犯したくない。 和歌山県出身。

19

神戸山口組「井上組長」が下した「山健・中田組長」への処分にみた「愛」|ニフティニュース

浩司 中田

この事件の背景には、4月に発生した山健組の與則和若頭襲撃事件があるようだ。

14

◆健竜会 山健組

浩司 中田

井上邦雄組長の出身母体である山健組身内贔屓 まるで会見の2年前(2015年)に神戸山口組が六代目山口組から脱退した理由と何ら変わらないものだった。 「7月下旬には、正木組長は剣会長と共に、引退を申し出ていると噂になっていました。

20

“寝返り”山健組・中田組長逮捕で神戸山口組は存続危機|日刊ゲンダイDIGITAL

浩司 中田

前記のように若頭を野内正博に替えた。 今なお続いている山口組の分裂抗争は約5年前に発生したが、いまだに決着はつかず、そのメドさえついていない。

15

中田浩司・山健組組長が神戸拘置所から離脱を表明

浩司 中田

このままなら神戸山口組を出て行かなければならない。 昨年11月に6代目ナンバー2の高山清司若頭が府中刑務所を出所して以降、6代目側の攻勢は強まり、いわゆる「神戸山口組の乱」は平定されたかに見える。 「中田氏は昨年8月、6代目山口組の中核団体である弘道会系の組員が銃撃された事件の実行犯とみられています。

8