卓球 フォアハンド。 卓球が強くなる3つの基本技術をわかりやすく解説

「バックハンド」と「フォアハンド」の違いとは?分かりやすく解釈

フォアハンド 卓球

スイングは体の回転を使って前方向に フォアハンドのスイングは、体の回転を使って前方向にします。 次の打球に間に合うように、肩の位置を変えない程度に行いましょう。

9

「作戦あれこれ」第154回 フォアハンドの基本を見直す|卓球レポート

フォアハンド 卓球

球の当たりが強くなるからです。 こうすることで、相手のボールのスピードやボールの位置が変わっても、同じスイングで打つことができます。 ラケット面がカーブドライブを打つように巻き込んで内側を向いていればスピードは絶対に上がりません。

16

卓球のラリーを続けるコツとは?ポイントは打ち方や視線│ふじや流プラス

フォアハンド 卓球

このように、フォアハンドでは、頂点を打ちます。 これをすることで、体全体を使って打つことができるので、打球が安定します。 自分の握り方がどちらなのかを確認しながら練習していきましょう。

18

【卓球】フォアハンドを安定させるコツや練習方法を解説

フォアハンド 卓球

このように、確実に返球することが、フォアハンド・フォア打ちが上手になるために必要なことです。 形も似ているので想像しやすい かと思います。 そして両膝を軽く曲げながら左腰をひねり、右肩を体の中心に入れながらボールを呼び込んでバックスイングをしていきます。

15

卓球の素振り!正しいフォームとコツは?

フォアハンド 卓球

このとき、腕だけで引くのではなく、腰を右に小さくひねる動作で、体の回転を意識しながら行ってください。

20

【OBUコーチ】戦型は関係ないフォアハンドの体重移動

フォアハンド 卓球

スイングは斜め上方向に擦りあげるようにスイングします。 フォアハンドとは、ラケットを持った側の手の方に来たボールを打つことです。 このヒジの角度が、おおむね110度から120度の状態から、90度(直角)になるまでのあいだで打球するのが、最もボールにパワーを伝えやすいという。

4

卓球のラリーを続けるコツとは?ポイントは打ち方や視線│ふじや流プラス

フォアハンド 卓球

上記でお伝えしたコツを意識しながら、練習に素振りを取り入れてみてください。 こうすることで溜めた力をボールに全て伝えることができるようになります。 このメリットは力強い打球を生み出してくれるものなので、どんどん活用していきましょう。

11

卓球イップスとは?フォアハンドやサーブの改善方法・治し方

フォアハンド 卓球

ですのでリラックスした状態とゆったりとしたペースを意識しながら練習を始めていきましょう。 ラケットの角度やスイングの方向、体の使い方などを調整し、とにかく返球第一です。

18