上 信 電鉄。 上信電鉄6000形電車

上信電鉄250形電車

信 電鉄 上

クハニ20形は1961年にクハ20形に更新編入され形式消滅した。

2

知識の倉 別館

信 電鉄 上

大島 登志彦「上信電鉄」、『鉄道ピクトリアル』418号(1983年6月臨時増刊)、鉄道図書刊行会 pp. 新町駅 - 藤岡営業所 - - 鬼石 - 神流湖 - 万場営業所• クハニ20形は旅客用設備と手荷物用荷物室を兼ね備えた合造車であったが、車体が元豊川鉄道の旅客車に由来するため、後述のデハニ30形やクハニ10形とは形態がまるで異なっていた。 2019年10月8日閲覧。 寺田 裕一「日本のローカル私鉄 30年前の残照を訪ねて その12」、『鉄道ファン』636号(2014年4月号)、交友社 pp. 側面客用扉は各車両とも3箇所で、1,300mm幅の扉である。

14

知識の倉 別館

信 電鉄 上

準急(下仁田 - 上州富岡間の各駅、吉井、高崎に停車)下り1本、上り2本の1. 新町駅 - 藤岡営業所 - 浄法寺 - 鬼石 - - 万場営業所• はじめには、元首相の実父であるが社長を務めた。 快速(下仁田、南蛇井、上州一ノ宮、上州富岡、上州福島、吉井、馬庭、山名、高崎に停車)平日朝の上りのみ• 2019年現在の高崎-下仁田間の所要時間は概ね1時間前後だが、後述のように利用者増加策として路線全体のスピードアップを行っていた1980年代には同区間を急行が36分(1981年 )、準急・快速が44分(1983年 )で結んでいたほか、各駅停車でも50分前後で走破していた。

上信電鉄500形電車

信 電鉄 上

2015年に広告が解除され、同時にバンパー部分のダミー塗装が省略された。

4

2021年 上信電鉄

信 電鉄 上

(28年) 上野鉄道 設立• 12月1日 免許失効(北甘楽郡下仁田町-同郡磐戸村間、同郡青倉村-同郡磐戸村間 指定ノ期限マテニ工事施工ノ認可申請セサルタメ)。 5 旅客輸送実績最高値を記録 1975年(昭和50年) 193. また、時間帯は限られるが平日、休日ともに自転車が持ち込める列車()が運行されている。

3

上信電鉄6000形電車

信 電鉄 上

沼田局 - 片品局(利根郡片品村) 埼玉県内• 川を渡ると一旦は田園が広がるが、の野球グラウンドを車窓に望みつつ左側に大きくカーブすると住宅地に入り、そのまま直進して根小屋駅に到着する。 2019年に塗装変更が行われ、クハ1301とともに水色とアイボリーのツートンカラー塗装となった。